チップチューンを作ってみた [2]

前回に引き続き、2回目はメロディー+コード+ベースです。

メロディーの打ち込みを先に行います。(midi)

スクリーンショット 2015-07-12 14.15.52

音色はLogic付属の ES2 で矩形波っぽく作ってレガートにしました。

スクリーンショット 2015-07-12 14.38.31

メロディーが固まって来たらコード進行を決めます。大体頭のなかでぼんやり鳴っている音をそのまま打ち込むとこんな感じになります。コードは仮なのでピアノの音源でアタリを決めます。

スクリーンショット 2015-07-12 14.29.41

↓ドラム+メロディー+仮コードを合わせるとこんな感じ。


コードを聴きながらベースも打ち込んじゃいます&音作りも一緒に。。(midi)

スクリーンショット 2015-07-12 14.15.35スクリーンショット 2015-07-12 14.53.39

これでトップの音とベースの音は完成となり、残りは中音を埋めるだけとなります。

コードを鳴らすパートは複数トラックに分けてあります。

こんなざっくりした書き方で良いのか少々疑問ですが…分からないことがあればコメント欄でどしどし質問して下さい。分かる範囲でお答えします。

次回pert3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする